日本大学理工学部理工学研究所

マイクロ機能デバイス研究センター

Reserch Center for Micro Functional Devices

 

平成17年度研究業績

 

論文

  • 宮城徳誠,木村元昭,庄司秀夫,藤田肇,程谷幸平:「二次フィルム流と音波による能動的な噴流制御の研究」(励起したフィルム流によるエントレイメント量の変化)日本機械学会論文集(B編),No.04-1248,71巻,712号,pp.42-49,2005.12.

  • Motoaki Kimura,Masahiro Takei,Yoshifuru Saito,Atsushi Saima:Separation of Condensation Jet Image Using Filter Effect of Wavelets Transform,Transaction of the ASME Journal Fluids Engineering,Vol.127,No.5,pp.1047-1050,2005.9.

  • Tsuneki Yamasaki,Katsuji Isono,Members,and Takashi Hinata,Fellow:Analysis of Electromagnetic Fields in Inhomogeneous Media by Fourier Series Expansion Methods-The Case of a Dielectric Constant Mixed a Positive and Negative Regions,IEICE TRANS ELECTRON,Vol.E88,NO.12,2005.12.

  • Yuu Onishi and Hikaru Miura:Convergence of Sound Waves Radiated From Aerial Ultrasonic Source Using Square Transverse Vibrating Plate with Several Reflective Boards,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.44,No.6B,pp.4682-4688,2005

  • 早川孝宏,新妻清純, 移川欣男:「マグネトロンスパッタ法によるTio2薄膜の紫外光照射に伴う光触媒効果ならびに電気抵抗率に減少」 電気学会論文誌A,2006.

  • Naoya Sasano,Katsutoshi Saeki,Yoshifumi Sekine:Short-term Memory Circuit using hardware ring neural neworks,Artificial Life and Robotics,Vol.9,No.2,pp.81-85,2005.6.

  • Kazuhiro Ohno,Kazuro Murayama and Akihisa Matsuda:Hopping Transport of Electrons and Holes at Localized Band Tail States in Amorphous Hydrogenated Silicon and Amorphous Heavy-Hydrogenated Silicon,Japanese Journal of Applied Physics,Vol.44,No.7A,pp.4764-4769,2005.

  • Kazuhiro Seki,K.Murayama and M.Tachiya:Dispersive Photoluminescence decay by geminate recombination in amorphous semiconductors,PHYSICAL REVIEW B71,pp.235212-1-235212-7,2005.

  • H.Ohyama,K.Takakura,T.Watanabe,K.Nishiyama,K.Shigaki,T.Kudou, M.Nakabayashi,S.Kuboyama,S.Matsuda,C.Kamezawa,E.Simoen,C.Claey: Radiation damage of SiC Schottky diodes by electron irradiation,JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE,MATERIALS IN ELECTRONICS 16, pp.455-458,2005.

  • K.Hayama,K.Takakura,H.Ohyama,J.M.Rafi,A.Mercha,E.Simoen,C.Claeys: Body Potential Analysis of ultra thin gate oxide FD-SOI MOSFETs in accumulation mode oparation,JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE,MATERIALS IN ELECTRONICS 16, pp.459-462,2005.

  • M.Nakabayashi,H.Ohyama,N.Hanano,E.Simoen,C.Claeys,K.Takakura, T.Iwata,T.Kudou,M.Yoneoka:Effects of high temperature electron irradiation on trench-IGBT,JOURNAL OF MATERIALS SCIENCE,MATERIALS IN ELECTRONICS 16, pp.463-467,2005.

  • K.Hayama,K.Takakura,H.Ohyama,S.Kuboyama,S.Matsuda,J.M.Rafi, A.Mercha,E.Simoen,and C.Claeys:Radiation source dependence of performance degradation in thin gate oxide fully-depleted SOI n-MOSFETs, Microelectronics Reliability 45,pp.1376-1381,2005.

  • Kiyoteru Hayama,Kenichiro Takakura,Hidenori Ohyama,Joan Marc Rafi, Eddy Simoen,Abdlkarim Mercha,IEEE TRANSATIONS ON NUCLEAR SCIENCE,NO.6,Vol.52,pp.3795-3800,2005.12.

国際会議

  • Keigo Mori, Wataru Fukuzawa, Norimasa Miyagi, Hajime Fujita, Hideo Shoji, Motoalo Kimura: Study on Friction Drag Reduction of Turbulent Boundary Layer Using Small Vortex Generating Jet, 4th World Congress on Industrial Process Tomography, CD-R,pp. 1042-1047, Aizu, Japan.
    2005. 9. 5-8.

  • Norimasa Miyagi, Kohei Hodoya, Hajime Fujita, Hideo Shoji, Motoaki Kimura: Study of Active Jet Control by Acoustically driven Secondary Film Flow(Influence of Velocity Ratio and Acoustic Strouhal Number), Proceedings of Internationnal Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2005JSME, No. 05-200, pp. 459-464, T obashi, M ie, Ja,pan , 2005.

  • Motoaki Kimura and Norimasa Miyagi : STUDY ON DIFFUSION OF BUOYANTROUND JETS, Proceedings of Internationnal Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, ICJWSF-2005 JSME, No. 05-201, pp. 413-418, Tobashi, Mie, Japan. 2005.

  • K. Tanaka, M.Takei, T. G. Hwang, D.J.Shin and D.H.Doh: Flow Analysis around a Floating Cylinder in a Stereoscopic-PIV, THE 8th ASIAN SYMPOSIUM ON VISUALIZATION, CD-RO, No.90, Chiangmai, Thailand, 2005. 5. 23-27.

  • M.Takei: Visualization of Solid Air Plug Plow in a Horiazontal Pipe Using Capacitance Tomography and Wavelets Analysis, 4th International Symposium of Science & Art, pp. 55-59, New Brunswick, New Jersey, USA. 2005.

  • Deog Hee Dho, Hyo Jae Jo, Tae Gyu Hwang, Joo Ho Choi, Kyung Rae Cho, Kenji Tanaka, Masahiro Takei: Analysisi of flow and structure International on a Floaing body with a 3D-PTV and a Motion Tracking Technique, Proceedings of The Fifteenth(2005) International Off Shore and Polar Engineering Conference, pp. 123-129, Seoul, Korea, 2005. 6. 19-24.

  • M. Takei, S. Natsuyama, K. Yamane: Visualization of particle Concentrations using capacitance CT in Fluidized Bed for Drug Production, The 8th International Fluid Control, Measurement and Visualization, CD-ROM No. 197, Chengdu, Chaina, 2005. 8. 22-25.

  • N. Niida, Michio. Shimada, Kunihiro. Hoshino, Shoich Hara, M. Takei: On the Quantity Measurement of Remained Oil Remaining Inside a Sunken Ship Using the Ultrasonic Pulse-echo, 4th World Congress on industrial process tomography, pp, 354-359, Aizu, Japan, 2005. 9. 5-8.

  • TG Hwang, JH Choi, CS Park, DH Doh, T Saga, T Kobayashi , K, Tanaka, M. Takei: Analysis of Fluid-Elastic-Structure Interactions in an Impinged Jet with 3D-PTV and Non-Contact 6D Motion Tracking System, 4th World Congress on Industrial Process Tomography, pp. 462-467, Aizu, Japan, 2005.9. 5-8.

  • Masahiro Takei,Mitsuaki Ochi,Kiyoshi Hori: Application of GVSPM Reconstruction Technique to Capacitance CT, 4th World congress on industrial process tomography, pp. 726-731, Aizu, Japan. 2005.9.

  • Kunihiro Hoshino, Masahiro Takei: Void Fraction Measurement of Liquid Solid Fluidized Bed in Ocean Lithium Absorption System Using Impedance Method, 4th World congress on industrial process tomography, pp. 843-848, Aizu, Japan.2005. 9.

  • Hiroyuki Osada, Hiroshige Kikura, Masanori Aritomi, Masahiro Takei: UltraSonic Characterristics of Water-based magnetic fluid, 4th World congress on industrial process tomography, pp. 1048-1053, Aizu, Japan. 2005. 9.

  • K. Tanaka, M. Yoshida, D. H. Doh, Uemura, M. Takei: Visualization of Swirling Flow in Transportation Device by 3D-PIV and Modal Wavelet Image, Proceeding, The World congress on industrial process tomography pp. 1060-1065, Aizu, Japan, 2005.9.

  • M. Takei: Powdered Medicine Concentration in Draft Tube using process Computed Tomography, he 7th Joint Seminar of Chaina-apan Amity Universities on Matereal Science and Engineering, pp.41-46, haanxi, haina, 2005.9.16-17.

  • D .H. Doh, T.H. chang, T.G.Hwang, S.H. Sohn, D.h.Kim, K.Takaka, M. Takei, Analysis on flow ndash;structure interactions (FSI) in a Pulsed Jet Impinged outo a Flexible Plate with 3D-TV and Non-ontact 6D Motion Tracking System,6th International Symposium on Partical image Velocimetry, D-ROM No. 07-7 New, Pasadena, California, USA, 2005. 9. 21-23.

  • Masahiro Takei, Susumu Natsuyama, Kenji Yamane: Visualizaition of Particledh Comference on jets, Waked and Separatied Flows, ICJWSF-2005, CD-ROM No.P082, Toba-shi, Mie, Japan, 2005.10. 5-8.

  • Y. Shinoda, C. Katano, Y. Sakumoto, T. Higo: Fundamental Experiment of Differential Strain Gage using Fiber Bragg Gratings, SICE Annual Conference 2005 in Okayama, pp.1508-1511, Okayama University Japan, 2005.8.8-10.

  • Keiko Hata , Katsutoshi Saeki, Yoshifumi Sekine: A Pulse-Type Hardware CPG Model for Quadruped Locomotion Pattern,The Second International Conference on Brain-inspired information Technology.

  • Kazuki Kusumi, Yoshifumi Sekine : Examination of Chaos Transmission Using the pulse-type Hardware Chaos Neuron Models, the 2005 International Technical Conference on Circuits/ systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2005), Vol.4, pp. 1329-1330, Korea, 2005.7.7.

  • Yoshifumi Sekine, Sungyoon Yoon, and Masashi Muragi: Propagation Method of pulses in a 2-Dimensional Neural Network Using Pulse-Type HardWare Neuron Models, the 2005 International Technical Conference on circuits/ Systems, Computers and Communications (ITC-CSCC2005), Vol.1, pp. 81-82, korea, 2005.7.5.

  • Hatsavanh HAIMANY, Katsuyuki ONO, Katsutoshi SASEKI, Yoshifumi SEKINE: New Connecting Factors , Incorporated in a Pulse-Type HardWare Neuron Model, Changes Plasticity in Analog VLSI Design, proc. 2005 IEEJ International Analog VLSI Workshop , CD-ROM , Bodeaux, France, 2005. 10.

  • Keiko Hata , Katsutoshi Saeki, Yoshifumi Sekine: A Pulse-Type Hardware CPG Model for Quadruped Locomotion Pattern,The Second International Conference on Brain-inspired information Technology, p.55, Kitakyusyu, 2005. 10.

  • Ken Saito, Yoshifumi Sekine,: A Construction of the Element for Hierarchical ANN with an Inhibitory Shunting Manner, The Second Internatinal Conference on Brain-insoired information Technology, p.77, Kitakyusyu, 2005. 10.

  • K. Hayama, K. Takakura, T. Kudou, M. Yoneoka, A. Nishimura, H. Ohyama, A. Mercha, E. Simoen and C. Claeys: Radiation tolerance in HfSiON gate MOSFETs by high-energy particles irradiation, EXRENDED ABSTRACTS OF THE 24th ELECTRONIC MATERIALS SYMPOSIUM , E11, pp.95-96, 2005. 7.4-6.

  • K.Matsuyama , K. Hayama, K. Takakura, M. Yoneoka, H. Ohyama, J.M.Rafi, A.Mercha, E. Simoen, and C. Claeys: Degration of the Electrical Performance and Floating Body Effects in Thin Gate Oxide PD-SOI MOSFETs by 2-MeV Electron Irradiation, EXRENDED ABSTRACTS OF THE 24th ELECTRONIC MATERIALS SYMPOSIUM , E12, pp.97-98, 2005. 7.4-6.

  • K . Takakura , K. Hayama, D. Watanabe, H. Ohyama, S. Matsuda, S. Kuboyama, E.Simoen, and C. Claeys: Irradiation temperature dependences of Si Photodiodes by neutrons irradiation, XRENDED ABSTRACTS OF THE 24th ELECTRONIC MATERIALS SYMPOSIUM , J8, pp. 223-224, 2005. 7.4-6.

  • M. Nakabayashi, H. Ohyama, H. Shitogiden, R. Ueno, Y. Miyagawa, T. Hirao, E. Simoen, C. Claeys: Effect of deep levels and interface states on the lifetime comtrol of trench-IGBTs by electron irradiation, The 23rd International conference on Defects in Semiconductors, Thp.4, p.277, Awaji Island, Japan, 2005. 7.24-29.

  • K . Takakura , K. Hayama, D. Watanabe, H. Ohyama, S. Matsuda, S. Kuboyama, E.Simoen, and C. Claeys: Radiation defects and degradation of photodiodes irradiated by neutrons at low temperature, The 23rd International conference on Defects in Semiconductors, Thp.6. p.279, Awaji Island, Japan, 2005. 7.24-29.

  • K. Hayama, K. Tanaka, H. Ohyama, J.M.Rafi, J.A.Martino, A.Mercha, E. Simoen, and C. Claeys: Investigation of back gate interface states by drain current hysteresis in PD-SOIn-MOSFETs, The 23rd International conference on Defects in Semiconductors, Thp.11 . p.284 , Awaji Island, Japan, 2005. 7.24-29.

  • C. Kamezawa, H. Shindou, T. Hirao, H.. Ohyama and S. Kuboyama: Heavy Ion Induced Damage in SiC Schottky Barrier Diode, The 23rd International conference on Defects in Semiconductors, Thp.24 , p.297 , Awaji Island, Japan, 2005. 7.24-29.

  • H. Ohyama, K. Takakura, K. Uemura, M. Arai, S. Kuboyama, S. Matsuda, C. Kamesawa, E. Simoen and C. Claes: Radiation-induced defect in SiC-MESFETs after 2-MeV electron-irradiation, The 23rd International conference on Defects in Semiconductors, Thp.30 , p.303 , Awaji Island, Japan, 2005. 7.24-29.

  • H. Ohyama, K. Takakura, K. Uemura, M. Arai, S. Kuboyama, S. Matsuda, C. Kamesawa, E. Simoen and C. Claeys: Effects of radiation-induced defects on device performance in electron irradiated SiC-MESFETs, 11th International Conference on Defects Recognition, Imaging and Physics in Semiconductors, p.78, Beijing, China, 2005.9. 15-19.

  • K. Takakura, H. Furukawa, S. Kuroki, K. Hayama, T. Kudou, K. Shigaki, H. Ohyama, E. Simoen, G. Eneman and C.Claeys: Radiation defects and degradiation of C-doped SiGe diodes irradiated by electrons, 11th International Conference on Defects Recognition, Imaging and Physics in Semiconductors, p.101 , Beijing, China, 2005.9. 15-19.

  • Fumio Uchikoba: Study on Lead-Free Electroceramics-Piezoelectric Materials Focusing on Crystalline Orientation, Proceedings of 4th International Symposium on Environmentally Conscious Desigh and Inverse Manufacturing EcoDesigh 2005, JIEP-2, 2005. 12.12.

  • F. Uchikoba, Y. Kamata: Fabrication of Photo Patternable Composite Sheet and High Aspect, proceedings of International Conference on Electronics Packing, ICEP, p.323,Tokyo, Japan, 2005. 4.

  • F. Uchikoba, R. Nagashima: Replica Printed Composite Sheet Using Micro Patterned Dry Film as Master Die, proceedings of International Conference on Electronics Packing, ICEP, p.352 ,Tokyo, Japan, 2005. 4.

  • Fumio Uchikoba, and Makoto Watanabe: Synthesis of (K1/2Bi1/2)xBa1-XTiO3 Powder with High Aspsct Ratio, proceedings of International Conference on Electroceramics, ICE2005, Seoul, Korea, p.101, 2005. 6. 14.

口頭発表

  • 山口龍之介,木村元昭,宮城徳誠,庄司秀夫,藤田肇:「小型VGJを用いた壁面抵抗低減に関する研究 (渦の干渉状態について)」日本機械学会 日本機械学会流体工学部門講演会議演論文集,pp.29-32,金沢,2005.10.

  • 山口龍之介,岩澤誠,河野海人,田中悠,木村元昭,宮城徳誠:「熱膜式マイクロせん断応力センサの開発」日本機械学会関東支部第12期総会講演会議演論文集,pp.33-34,川越市,2006.3.10-11.

  • 岩澤誠,河野海人,田中悠,山口龍之介,木村元昭,宮城徳誠:「小型VGJを用いた壁面抵抗低減に関する研究 (発生干渉渦の速度分布について)」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-26,pp.946-947.2005

  • 宮城徳誠,木村元昭,庄司秀夫,藤田肇:「音響励起と二次フィルム流を用いた噴流制御に関する研究」可視化情報全国講演会,Vol.25,Suppl.No2,pp.299-302, 新潟,2005.10.

  • 安部和樹,木村元昭,宮城徳誠:「音響励起と二次フィル流を用いた噴流制御に関する研究(噴流の渦構造について)」日本機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集,pp.155-156,川越,2006.3.10-11.

  • 門野道拓,平野裕,田中健嗣,木村元昭,宮城徳誠:「管内気流中における薄膜風袋搬送の姿勢制御に関する研究 (薄膜風袋の浮揚特性)」日本機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集,pp.437-438,川越,2006.3.10-11.

  • 西島卓也,阿部和樹,関分崇,木村元昭,宮城徳誠:「音響励起と二次フィルム流を用いた噴流制御に関する研究-噴流構造の可視化-」 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-27,pp.948-949,2005.

  • 敷波康介,菅原将樹,新庄直樹,門野道拓,平野裕,田中健嗣,木村元昭,宮城徳誠:「管内気流中における薄膜風袋搬送の姿勢制御に関する研究 パルスダンパの最適開閉時間について」 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-25,pp.944-945,2005.

  • 新井田直樹,島田道男,星野邦広,原正一,武居昌宏,越智光昭: 「超音波パルスエコー法を用いた沈船内残存油の計測」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集, K3-35,pp.964-965,2005.

  • 西原隆広,有冨正憲,木倉宏成,武居昌宏,越智光昭:「開水路の複側定線流量計測に関する研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-36,pp.966-967,2005.

  • 板川剛,染矢聡,武居昌宏,越智光昭:「LIF法を用いたマイクロチャンネル内のCO2濃度分布の測定」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-37,pp.968-969,2005.

  • 高藤学,武居昌宏,越智光昭:「CFDによる屋上庭園を模擬した建築物の流れ」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-38,pp.970-971,2005.

  • 正木健太,夏山晋,山根賢治,越智光昭,武居昌宏:「薬品コーティングプロセスにおけるCTを用いた粒子濃度可視化」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-39,pp.972-973,2005.

  • 小山裕右,越智光昭,武居昌宏,河府賢治,田所誠,大西哲史:「粒体プラグ空気輸送における圧力損失に関する基礎研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集, K3-40,pp.974-975,2005.

  • 桧山敏一,越智光昭,武居昌宏,山根宏之,木村隆志:「超音波非接触粉粒体輸送に関する基礎研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集, K3-41,pp.976-977,2005.

  • 朝川雄揮,越智光昭,武居昌宏,山田大輔:「低圧式粉体空気輸送における粒子速度と臨海流速に関する研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-42,pp.978-964-965,2005.

  • 鈴木将敏,越智光昭,武居昌宏,河府賢治,大西哲史:「粒体の鉛直管内プラグ輸送における粒子速度および圧力損失理論式の応用性確認」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K3-43,pp.980-981,2005.

  • 武居昌宏,越智光昭,斎藤兆古:「モーダルウェーブレットを用いた気液二相流PIV画像の処理」日本機械学会 第10回動力・エネルギー技術シンポジウム講演論文集,OS9-03,pp.165-166,2005.6.

  • 新井田直樹,島田道男,星野邦広,原正一,武居昌宏:「超音波を用いた沈船内残存油の計測」可視化情報学会 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集,C-308,Vol.25,No.1,pp.375-378,2005.7.

  • 西原隆広,有松隆史,木倉宏成,有冨正憲,武居昌宏:「超音波を用いた開水路モニタリング」可視化情報学会 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集,C-311,Vol.25,No.1,pp.387-388,2005.7.

  • 星野邦弘,新井田直樹,原正一,樋富和夫,亀山道弘,堀利文,山之内博,桐谷伸夫,篠野雅彦,疋田賢次郎,武居昌宏:「三次元音響映像装置による水中漏洩油と気泡のリアルタイム計測」可視化情報学会 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集,C-315,Vol.25,No.1,pp.397-400,2005.7.

  • 武居昌宏,夏山晋,山根賢治:「薬品コーティングプロセスにおけるCTを用いた粒子濃度可視化」可視化情報学会 第33回可視化情報シンポジウム講演論文集,C-316,Vol.25,No.1,pp.401-402,2005.7.

  • 渡辺哲弥,田中健嗣,武居昌宏:「旋回流を用いた棒状物体の配向性輸送」日本混相流学会 年会講演会 2005 講演論文集,B143,pp.67-68,東京,2005.8.1-3.

  • 田中健嗣,吉田美智子,都徳照,植村知正,武居昌宏:「3D-PIVによる旋回流中棒状物体周囲の速度計測 」日本混相流学会 年会講演会 2005 講演論文集,B334,pp.423-424,東京,2005.8.1-3.

  • 田中健嗣,吉田美智子,都徳照,植村知正,武居昌宏:「旋回流中の配向棒状物体周囲の流れの可視化」2005年次大会 日本機械学会,315,2005.

  • 板川剛,染矢聡,武居昌宏:「マイクロチャネルを用いたCO2物質移動係数測定に関する予備実験」日本機械学会東北支部第41期秋季講演会,No.2005-2,314,pp.113-114,山形大学,2005.9.9.

  • 西原隆広,武居昌宏,木倉宏成,有冨正憲,森治嗣:「開水路における複測定線流体量計測に関する研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,pp.1113,金沢,2005.10.29-30.

  • 大西哲史,越智光昭,武居昌宏,河府賢治:「粒体プラグ空気輸送における圧力損失に関する研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,G1003,金沢,2005.10.29-30.

  • 河府賢治,越智光昭,武居昌宏:「プラグ輸送における圧力損失に関する研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,G1004,金沢,2005.10.29-30.

  • 田所誠,越智光昭,武居昌宏,河府賢治:「粒体プラグ空気輸送における圧力損失に関する基礎研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,G1005,金沢,2005.10.29-30.

  • 木村隆志,越智光昭,武居昌宏:「超音波非接触粉粒体輸送に関する基礎研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,G1101,金沢,2005.10.29-30.

  • 山田大輔,越智光昭,武居昌宏: 「低圧式粉体空気輸送における粒子速度と臨海流速に関する研究」日本機械学会流体工学部門講演会講演概要集,G1102,金沢,2005.10.29-30.

  • 新井田直樹,島田道男,星野邦広,原正一,武居昌宏:「超音波パルスエコー法を用いた沈船内残存油の計測」可視化情報全国講演会講演論文集 可視化情報学会(新潟),B217,Vol.25,No.2,pp.291-294,2005.10.

  • 田中健嗣,吉田美智子,都徳照,植村知正,武居昌宏: 「旋回流中の配向せい棒状物体周囲のモーダルウェーブレッド解析」可視化情報全国講演会講演論文集 可視化情報学会(新潟),B218,Vol.25,No.2,pp.295-298,2005.10.

  • 篠田之考,古川賢志,小野佑輔,片野滋子,作本義孝,肥後尚志:「ファイバブラッググレーティングの動的ひずみによる波長シフトの実時間測定の検討」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-33,pp.1114-1115,2005.

  • 篠田之孝,小野佑輔,古川賢志,片野滋子,金子悟,肥後尚志:「光周波数掃引を用いたファイバーブラッググレーティングによるひずみ測定の基礎実験」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-34,pp.1116-1117,2005.

  • 篠田之考,金子悟,大澤広輝,肥後尚志:「光周波数変調を用いたDSPによる変位の実時間算出の実験的検討」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-35,pp.1118-1119,2005.

  • 篠田之孝,土田拓也,横井貴裕,肥後尚志:「ダブルフリンジ投影を用いた形状復元の基礎検討」平成17年度照明学会第38回全国大会,170,pp.291.2005.

  • 篠田之孝,小野佑輔,古川賢志,片野滋子,作本義考,肥後尚志:「ファイバブラッググレーティングを用いた動的ひずみ測定における波長シフトの実時間算出の検討」平成17年度照明学会第38回全国大会,171,pp.292.2005.

  • 篠田之孝,古川賢志,小野佑輔,片野滋子,作本義考,肥後尚志:「動的ひずみによるファイバブラッググレーティングの波長シフトの実時間測定の検討」2005年 電気学会基礎・材料・共通部門大会,⑥-5,pp.87.2005.

  • 篠田之孝,金子悟,肥後尚志:「光周波数変調を用いたDSPによる距離・変位の実時間計測の実験的検討」2005年 電気学会基礎・材料・共通部門大会,⑥-6,pp.88.2005.

  • 篠田之孝,古川賢志,小野佑輔,片野滋子,作本義孝,肥後尚志:「ファイバブラッググレーティングを用いた差動形 strain gage の実験的検討」 IM-05-61,pp.17-20,2005.

  • 小倉泉,乳井嘉之,根岸徹,阿部真治,篠田之孝,肥後尚志:「レーザー光を用いた教育用模擬CTシステム開発に関する基礎的検討」IM-05-48,pp.27-30,2005.

  • 篠田之孝,小野佑輔,古川賢志,金子悟,片野滋子,肥後尚志:「光周波数掃引を用いたファイバブラッググレーティングによるひずみ分布測定の基礎検討」 IM-06-11,pp.17-20,2005.

  • 篠田之孝,土田拓也,肥後尚志:「縞投影を用いた3次元形状復元における位相接続経路の検討」IM-05-47,pp.23-26,2005.

  • 小倉泉,乳井嘉之,根岸徹,阿部真治,篠田之孝,肥後尚志,「レーザー光を用いた教育用模擬CT装置システムの検討」医学物理,Vol.25,Sup.2,pp.138-139,2005.4.

  • 篠田之孝,小野佑輔,古川賢志,片野滋子,金子悟,肥後尚志:「ファイバブラッググレーティングを用いた光周波数掃引によるひずみ分布測定の基礎実験」平成18年 電気学会全国大会,1-105,pp.131,2006.3.15-17.

  • 篠田之孝,片野滋子,古川賢志,小野佑輔,作本義孝,肥後尚志:「動的」ひずみによるファイバブラックグレーティングの波長シフトの実時間測定」 平成18年 電気学会全国大会,1-106,pp.132,2006.3.15-17.

  • 篠田之孝,金子悟,大澤広輝,肥後尚志:「光周波数変調と周波数シフタを用いた実時間距離算出の検討」平成18年 電気学会全国大会,1-107,pp.133,2006.3.15-17.

  • 尾崎亮介,山崎恒樹,日向隆:「方形誘電体を装荷し多層柱状誘電体グレーティングの伝搬特性」電気学会,EMT-05-31,pp.37-42,2005.7.

  • 尾崎亮介,山崎恒樹,日向隆:「方形誘電体を装荷し多層柱状誘電体グレーティングの伝搬特性」(その2) 電気学会,EMT-05-90,pp.41-46,2005.10.

  • 高田誠,田島大輔,露木健一郎,三浦光:「水中超音波びよるドライアイスの分解促進」2005年 電気学会基礎・材料・共通部門大会,XIX-8,pp.415,2005.8.

  • 高田誠,田島大輔,露木健一郎,三浦光:「水中音波によるメタンハイドレード分解過程の検討」 Proc.Symp.Ulutrason.P1-39,Vol.26,pp.115-116,2005.11.

  • 高田誠,荒田佑輔,安藤秀輔,田島大輔,露木健一郎,三浦光:「水中超音波による冷凍物質の分解促進」-資料にメタンハイドレートを用いた場合- 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-8,pp.1064-1065,2005.11.

  • 吉村直之,中島一郎,石井弘允,三浦光:「脳波計測に用いる刺激制御システムの構築」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-9,pp.1066-1067,2005.11.

  • 井田真史,遠藤俊英,三浦光:「一点集束音波による粘性物質の飛散微粒子化 -格子モード方形たわみ振動版型空中強力超音波音源を利用した場合-」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,L-10,pp.1068-1069,2005.11.

  • 井田真史,三浦光:「格子モード法形たわみ振動板型空中強力超音波音源を利用した一点集束音波による粘性物質の飛散」日本音響学会講演論文集,2-4-10,pp.1249-1250,2005.9.

  • 高田誠,田島大輔,露木健一郎,、三浦光:「水中超音波によるメタンハイドレード分解促進の起訴的検討」日本音響学会講演論文集,2-4-11,pp.1251-1252,2005.

  • 高田誠,田島大輔,露木健一郎,三浦光:「水中超音波による冷凍物質の解凍促進 -加圧した場合の解凍効果の検討-」電子情報通信学会 信学技法,US2005-93,pp.1-6,2005.12.

  • 早川 孝広,新妻清純,移川欣男:「光触媒活性を有するTiO2薄膜の電気的特性」静電気学会講演論文集,6pA-2,pp.213-216,2005.9.

  • 早川 孝広,新妻清純,移川欣男:「マグネトロンスパッタ法によるTiO2薄膜の光触媒効果ならびに電気抵抗率の挙動」電気学会基礎・材料・共通部門大会講演論文集,Ⅷ-4,pp.238-243,2005.

  • 早川 孝広,新妻清純,移川欣男:「光触媒活性を有するTiO2薄膜の諸特性に関する研究 」 日本学術会議材料研究連合講演論文集,624,pp.459-460,2005.

  • 早川 孝広,新妻清純,移川欣男:「光触媒活性を有するTiO2薄膜の光学的ならびに電気的特性 」Oputics Japan2005講演論文集,23aP28,pp.144-145.2005.

  • 早川 孝広,新妻清純,移川欣男:「光触媒活性を有するTiO2薄膜の電気抵抗率の挙動 」日本大学生産工学部第38回学術講演会,2-33,pp.117-120.2005.

  • 藤田明良,菅沼卓仁,新垣久,高橋芳浩,大西一功:「陽極酸化法によるHfO2下地酸化膜の成長」2005年秋季 第66回応用物理学会学術講演会,9a-ZK-5,第2分冊,pp.675 徳島大学,2005.9.7-11.

  • 大津卓也,安藤健志,高橋芳浩,大西一功:「Sn添加シリコン酸化膜のPhotoluminescence特性」 2005年秋季 第66回応用物理学会学術講演会,9p-K-11,第3分冊,pp.1290,徳島大学,2005.9.7-11.

  • 岸雅人,石川寛之,佐藤拓蔵,高橋芳浩,大西一功:「PERL構造太陽電池の作成とそのプロセス評価」 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-15,pp.292-293,2005.11.16.

  • 石川寛之,岸雅人,佐藤拓蔵,高橋芳浩,大西一功:「スパッタ法によるSi薄膜の製膜・評価」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-16,pp.294-295,2005.11.16.

  • 山本絢介,足立学,高橋芳浩,大西一功:「スパッタ法により製膜したHfO2絶縁膜の作製と評価」 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-17,pp.296-297,2005.11.16.

  • 藤田明良,柳沢卓人,菅沼卓仁,高橋芳浩,大西一功:「陽極酸化法によるHfO2下地酸化膜の成長」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-18,pp.298-299,2005.11.16.

  • 稲野正,海老原司,西村剛,高橋芳浩,大西一功:「紫外線励起プロセスを用いたシリコン窒化膜の作成及び評価」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-19,pp.300-301,2005.11.16.

  • 大津卓也,安藤健志,高橋芳浩,大西一功:「Sn添加シリコン酸化膜のフォトルミネッセンス特性」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-20,pp.302-303,2005.11.16.

  • 大津卓也,安藤健志,高橋芳浩,大西一功:「Sn添加シリコン酸化膜のフォトルミネッセンス特性」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-20,pp.302-303,2005.11.16.

  • 大木隆広,川鍋龍,高橋芳浩,大西一功:「SOI構造におけるシングルイベント過度電流の解析」 平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,M-3,pp.1148-1149,2005.11.16.

  • 大木隆広,川鍋龍,長澤賢治,中嶋康人,高橋芳浩,大西一功,平尾敏雄,小野田忍,三島健太,河野勝泰,伊藤久義: 「酸化膜を介した重イオン照射誘起電流」第6回半導体の放射線照射効果研究会,2005.12.9.

  • 大西一功,高橋芳浩,新垣久,藤田明良,南卓士: 「陽極酸化法によるHfO2下地酸化膜の成長」応用物理学会特別研究会 「ゲートスタック研究会」-材料・プロセス・評価の物理,P-13,pp.221-225,2006.2.3.

  • 高橋芳浩,大木隆広,長澤賢治,中嶋康人,川鍋龍,大西一功,平尾敏雄,小野田忍,三島健太,河野勝泰,伊藤久義: 「酸化膜を介した重イオン照射誘起電流」2006年春季 第53回応用物理学関係連合講演会,22a-V-11,武蔵工業大学,2006.3.22-26.

  • 青木裕大,田中誠;「環境の温度差を利用した移動機構の研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K2-22,pp.938-939.

  • 大里晴亮,田中誠:「電源一体型精密X-Yステージの研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K6-72,pp.1038-1039.

  • 吉野聡,田中誠:「直接メタノール型燃料電池の研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K2-21,pp.936-937.

  • 山本聡,坪田祥子,宗形亜美,内木場文男:「人口筋肉ワイヤーの評価と微小ロボットへの応用」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K6-73,pp.1040-1041,2005.11.16.

  • 谷部芳明,坂入雅哲,戸山葉子,内木場文男:「ICPドライエッチャーを用いた高アスペクト比フォトリソグラフィーのプロセス開発と評価」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,K1-3,pp.900-901,2005.11.16.

  • 安東良崇,内木場文男:「積層型ゼーベックデバイスの研究」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-34,pp.330-331.2005.11.16.

  • 長島理恵,山下恭平,内木場文男:「シートレプリカ法による微細エンボス構造の作成と評価」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-35,pp.332-333.2005.11.16.

  • 中野悠司,内木場文男:「炭素系超微細粉末を用いた電気二重層素子の開発と評価」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-33,pp.328-329.2005.11.16.

  • 渡辺誠,内木場文男:「針状粒子を出発原料とした非鉛系圧電粉体の合成」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-37,pp.336-337.2005.11.16.

  • 石井裕史,内木場文男:「扁平金属粉体を骨材に用いた複合材料の開発」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-38,pp.338-339.2005.11.16.

  • 山下恭平,長島理恵,内木場文男:「シートレプリカ法を用いた異種材料のパターン成形」平成17年度 日本大学理工学部 学術講演会論文集,C-36,pp.334-335.2005.11.16.

  • 内木場文男,渡辺誠,飯田友治,塚本輝夫:「K2T4O9を用いたK1/2Bi1/2TiO3針状粉体の合成」 強誘電体応用会議,27-P-21,pp.127-128,2005.6.14